一流のプロに学ぶ脳の使い方

唯一生き残るのは変化に対応できる脳である

脳の中にある情報には、生まれたときから本能的、遺伝的に脳に組み込まれている情報と、経験や学習によって後天的、文化的に蓄積された情報があります。脳はこれらの情報を活用して、外部の環境変化に対応しているのです。

脳は環境の変化や身体の変化に対応するようにできています。変化への迅速な対応こそが種の保存には重要だからです。そして、変化に対応するために素早く間違いなく意思決定するためには、脳の中に蓄積された情報を上手に活用することが大切です。

プロと呼ばれている人たちは皆、脳の中にその分野の専門知識や豊富な経験が情報として詰め込まれています。それゆえに、外部の環境変化に対応し、最適な答えを出すことができるのです。行動は脳の意思決定の結果であり、いかに間違いなく意思決定できるかが重要です。

同じプロでも一流といわれている人たちの脳反応は異なります。意思決定を行うときに使われる彼らの脳の活動量は、普通のプロよりも少ないのです。より効率よく意思決定を行っているということです。素人であれば、脳の活動量は増えます。これは適切な意思決定ができずに無駄な活動が多いということを示しています。

環境の変化に対応できる良い意思決定をするための王道はありません。専門的な知識と豊富な経験の積み重ねによって脳に蓄積された情報がすべてです。知識の習得と実際の経験を疎かにする人は、プロとして成功できないということです。

ビジネスに生かす脳科学 萩原 一平 著書参考

業績アップコンサルティング

◆売れる仕組み脳科学プログラム ◆Web集客コンサルティング ◆価値創造開発プログラム ◆7つの習慣社員研修プログラム ◆オンラインビジネススクール ◆起業/副業支援コンサルティング ◆CSV事業(共有価値の創造)  社会の問題をビジネスで解決 ◆健康サポート事業  遺伝子栄養とDNAスイッチ

0コメント

  • 1000 / 1000